Climb by bicycle

自転車に乗ってヒルクライム挑戦日記

<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2010.01.13 Wednesday

休むつもりがローラーに乗る

ほんの少し回復のためにローラーに乗るが、クルクルと20分ほど回した後にちょっと追い込みたくなる。
途中まで調子良かったので1時間ほどがんばろうとするが、結局50分ほどで終了、結構追い込めたんじゃないかと思う。
明日の朝は路面は濡れているだろうが自転車通勤するつもり。


2010.01.11 Monday

体全体が筋肉痛です

そんなんで今日は自転車お休み。
土曜日に白石と激坂で腕とかパンパンになった所で、昨日は白石峠を2本ほど上がりました。
1本目は31分台、二本目は35分台、3本位登りたかったですが二本目で35分を超えてしまったので終了。
今日は足も手も筋肉痛、やっぱローラーで頑張っても平地をそれなりの速度で走れるようにはなるけどヒルクライムに対してはトレーニングにはならないか?
今日は自転車お休みしたけど、明日も雨か雪の予報なのでお休みの予定、筋肉痛を取るには好都合、ゆっくり休みます。


2010.01.10 Sunday

やばいくらいに登りが劣化

今日は小径車で白石峠に行きましたが、かなりがんばったつもりですがベストタイムの5分落ち。
確かに体重も少しは増えていますがあまりのタイムにびっくり、白石峠を何本か上がるつもりでしたが、握力は無くなるわ二の腕はパンパンになるわで明らかに上半身の筋力不足を感じたので1本で終了、筋トレをするために激坂へ。
ガーミンの斜度表示では最大傾斜26%、1.8kmほどの距離ですが平均斜度も12%以上、この坂を2本ほど上がってもうどうにもなりそうも無いので終了。
そういえば最近まともに峠を登っていなかったです。

この道は短いけどかなりきついのでお勧めです。


心拍と傾斜、速度なんて場合によっては歩いた方が早いかも。


2010.01.06 Wednesday

今年も頑張ります。

やっぱブログ書いていないとどうもサボり気味でいけないのでまた適当に書くことに(*^_^*)
先日もてぎの100kmに参加してきました、98km走って先頭集団にのこれていたので最後のスプリント頑張れば!!もしかして入賞?などと考えていましたが、残り2kmで落車に巻き込まれてしまいました。
転倒は逃れましたが目の前に倒れて来た人に後輪を引っ掛けてしまい、チェーンが外れるのとリアのホイールが曲がってしまい残り2kmをブレーキを引きずりながら何とかゴール。
結果は2:31:44.108の14位、最後スプリント出来なかったのが残念ですがまあ途中まではいい走りが出来たのでよしとすることと、今後は集団の先頭でローテーションにも加われる様に力を付けていきたいと思います。

あと今年の目標

もてぎ100kmマラソンでクラス入賞・・・いきなりの未達成
白石峠TTで25分切り
ヤビツTTで38分切り
もてぎの4時間で小径車で表彰台に立ちたい
具体的な目標はこんなもんかな?後はどっかのヒルクライムレースでの入賞出来たら嬉しいです。
ヒルクライムレースで出たいのは「富士山国際ヒルクライムサイクルロードレース」は絶対に出ようと思ってます。

それにしてもホイール修理出来るのかな?出来なかったらしばらくはまた小径車で頑張ります。



2009.11.16 Monday

龍勢ヒルクライムに参加して来ました。

朝の3時頃目が覚めてしまい、寝ようと努力しましたが寝れないので4時に自宅を出発して会場を目指します。
もてぎの様な渋滞もなく5時半には会場に到着。
暗かったので、車の中でごろごろしながら受付開始時間を待ちます。
6時を過ぎるとだいぶ明るくなって来たので自転車組み立てて受付済ませてまた、8時頃まで散歩やらゼッケン付けたりしてましたが時間をもてあまし気味。
8時からアップを初め後で冷えないようにあまり汗をかかない様に調整、ろっきーさんと合流してSTART時間を待つがそこから時間の経過が早い早い、9時に道路規制が始まるのでSTART地点で待機、結構前の方に位置取り成功、並んでいるとさいとこさん、Jabbyさんも現れる。
さいとこさんに、「去年優勝した人はあの人」と教えてもらい先頭に並んでいる赤いヘルメットの人を確認。
定刻通りのSTARTでしたが、先導のバイクがめちゃくちゃスローペースで走る。
しかも県道から細い道に曲がる所で大減速、先頭20人位にまぎれ込んでいたので大した事はなかったですが、後ろではすごい悲鳴と叫び声が?!!落車はなかったようですが、あの減速の仕方は異常。
工事中の所があり、そこを超えたらパイクがクラクションを鳴らして本格的なレースペースとなる。
レースが始まるととにかく先頭集団について走るが、道幅が狭いのと登りに入って、先にSTARTしたグループの遅い人たちが出始めてかなり怖い、ちょっと頑張って10人め位の所まで上がると隊列が縦に伸び始めていたので多少良くなるが、それでも端の道の悪いところを走らされる。
アドレナリン出ているせいか、先頭のペースについて行くのもさほどつらくなくついて行けるが、気になるのがケイデンスの速さ、まだ緩い勾配を登っていましたが、ケイデンスは110を超えている、ならギアを重くすればと思うが、90位にすると微妙な?速度変化について行けないのでどうしても高めになってしまう、そこらがレース経験の無さか?練習の時は経験した事のない登りでのケイデンスの高さにちょっと不安が走るがついて行けているのですぐに忘れる。
7kmほど走り鳥居をくぐるといよいよ本格的な登りだが、かなり渋滞している。
押して歩く人もいたりしてペースの違う人をパスするのに苦労する。
先導するパイクの人はペースの遅い人に左に寄るように指示してくれていますが、なぜかバイクが抜かした後に右に出てくる人が多数。
途中ブレーキをかけてしまったり、掟破りの左側抜かしをしてしまったりとかなりヘタリました、それでも何とか半分以上は視界にトップの人をとらえていましたがジリジリと離され10kmほど進むと完全にペースダウン、別に足に痛みがあるわけでもないがどうしてもペースが上がらず、同じクラスの人に抜かされるたびについて行こうとしてもすぐに足が動かなくなる。
何とか12kmの下りまでたどり着き、下りで休む、周りにちょうど人がいなかったのでかなり快適に下る。
その後、また登りが始まると足が動くので再び飛ばすが、同じクラスの人を4人ほど抜いて失速、ついて行こうと頑張ってもジリジリ離されその後見えなくなる、ゴールまではあと少し、また同じクラスの人にパスされるが、何とかくらいつき抜き返す、その後ついてこないようでしたが、スピードは落とさないと心に誓い何とかそのままGOAL出来ました。
途中で気がつきましたが、サイコンのスタートを押していなかったのでタイムはわからず、最初のスローペースと、途中の失速で練習の時よりタイムが悪いんじゃないかと思いましたが、リザルトが張り出されたのを見ると48分25秒の18位、やっぱレースだとそれなりに頑張ったみたいです。
トップグループのスピードも少しは体験出来ましたし、ヒルクライムを集団で走ることもいい経験となりましたのでこれを次に生かすべく練習に励みます。

ゴール後はおいしいこんにゃくをいただき、下山してからは、ろっきーさん、さいとこさん、Jabbyさんと龍勢会館で食事、今後のレースの事など色々な話で盛り上がり、帰路につきました。
3時半頃自宅に戻り、そこからは爆睡、夕飯には起きましたがその後もすぐに寝てしまいました。

参加されたみなさんお疲れ様でした。


▲top