Climb by bicycle

自転車に乗ってヒルクライム挑戦日記

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 猛レース開催に挑戦 | TOP | Mt.富士ヒルクライムの猛レース >>

2009.09.07 Monday

今年最後?の富士山

日曜は、富士のスバルラインに登って来ました。
朝の6時に自宅を出発、9月になったばかりだというのに肌寒い、いつもの様に八王子まで行って、国道20号を相模湖方面へ、Mt.富士ヒルクライムのコースを90分切りを目指していたので、平地の心拍数を130台、上りでも140台に抑えていたのですが、大垂水峠を登っている時に、女性を含む3人の列車の後ろに付いて、前に出る機会を伺ってましたが、車が多くしばらく後ろで走る事に・・・ちょっとした切れ目にスピードを上げて一気に前に出ましたが、あいさつをして抜いた後、後ろから「早っ」と声が聞こえたような??
前に出てからスピード落とすのもなんだな〜と思い、心拍は一気に170後半、要らん所で体力を消耗。
その後、大月まではアップダウンが続きますが上りでは心拍が160を超える事も、1回入ったスイッチはなかなか切れずにすすむ、大月から富士吉田まではほぼ全線が上り、かなり疲れてきたので心拍は150を超えないように体力回復モード、100kmほど走った所で、かろうじてながら本日始めての富士山を目にする。



前に来たときは完全に雲に隠れてナンも見えなかった事を考えると少しはよかったか?
11時30分にはMt.富士のスタート地点に到着、ここまでの走行距離は119km、獲得標高は1716m。
少し休んでいよいよメインイベントにアタック、少し登って料金所でお金を払い、ひたすら登る、ここでも長丁場なので心拍を170以下に押さえようと思っていましたが、すぐに超えていく、最初の5kmを20分ほどで上り、その後傾斜がゆるくなって来たので多少楽をするが足が悲鳴を上げている。
10kmを過ぎると明らかにペースが上がっていない、1回落とした心拍を何とか上げようとするが、ふくらはぎがパンパンで痙攣寸前、残り10kmを切った辺りからは、ガーミンと睨めっこしながら残りの距離を減らす事だけが楽しみに、頂上付近の平坦路が終わって、五合目の手前のラストスパートは、這うようなスピードで何とかゴール。
時間は94分ちょっと、前回6月に登った時は料金所から93分ほどでしたから少しだけ早くなったか?

クリックで拡大します。

五合目で休んでいると、外人さんに「じゃぱにーず・あーむすとろんぐ」と言われちょっと気分がいいが、ジャージはパンターニのジャージ着ていたんですけど・・・
下りは、さほど寒くも無く(ウインドブレーカー着用)なんと後ろにパトカーを引き連れてのダウンヒル。
最初は先に行かせようと、横によって少しスピードダウンしましたが、抜く気配なし、100m位後ろをキープしてくる。
それならと、先行するが、さすがに一般車もパトカーは抜いてこないので、後ろを気にしない快適なダウンヒルが楽しめました。
あっというまに麓まで降りて、後は自宅までの120km、毎回この家に帰るのが辛いんだよな〜と思いながら、大月まではほとんど下り。
体力回復させて、大月を超えて相模湖に向かう途中のアップダウンで右太股が痙攣、すぐに止まって水をかけて冷やすのと、念入りなストレッチをしたら、その痕跡すらないように回復、その後の大垂水でも心拍170を越えてアタックしたが足は全く大丈夫でした。
家に着いたのは7:30分、13時間30分ほどの旅でした。

時間的に丁度よかったのでGARMINのバッテリーテスト、朝の6時にスイッチ入れて、11時間後の夕方5時にバックライトを50%でオン、その後家についてもそのままスイッチを入れた状態にしてました。
夜8時20分頃、電池の残量表示が赤くなり、その後9時までは電源は切れなかったので、テスト終了。
公称15時間は持ちました、しかもそのうち4時間はバックライトをつけたままで。

本日走行距離 282.28km Ave 25.1km

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://climb.zippon.com/trackback/41

トラックバック

▲top