Climb by bicycle

自転車に乗ってヒルクライム挑戦日記

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.11.07 Saturday

今期、目標達成!!?

今日は来週の龍勢ヒルクライムに備えてコースの試走に行ってきました。
なぜか毎度龍勢のコースに行く途中に白石峠のタイムアタックの話になるのですが、自宅から白石峠までの15km、ケイデンスを100以上でクルクルとよく回り先日とは大違いです。
なんか今日はいけそうな気がするなと思い、白石峠の入り口でウオーマーをはずしてのタイムトライアル。
こんな日はオーバーペースに気をつけようとやや押さえ気味に入ったつもりですが、最初の2kmは先日ベストタイムを出した時とほとんど変わらないタイム、その後はたれないように気をつけながら中間点の3.2km通過タイムは13分ちょっと。
これは目標の26分切りができる可能性大と見て傾斜のゆるいところは20km近くでのシッティング、その他はダンシングで乗り切りゴール。
なんとベストタイムを1分更新で、25分16秒!!今年の目標を達成です、しかも25分の前半が出て大満足でした。
早速帰って猛レースに登録。



しかし肝心の龍勢ヒルクライムのコースもがんばらねば・・・コースまでゆっくりめで移動して途中の7/11で補給、今日は体重を落としたかったので補給はほどほどに、今度こその50分切りを目指してスタート、要所のポイントでタイムをチェックしながら来週の本番に備えてペースを頭の中に入れていく、まあどうせレースとなればペース配分なんてどこかに飛んでしまうとは思いますが。
結果は50分をかろうじて切ることができました、このペースを元に来週48分位で走れるようにペースを組み立てて見ます。
登ったコースをそのまま降りると、先週のもてぎで偶然隣に駐車したさいとこさんとすれ違う、何でも今日は龍勢のコースを2本目らしい、一瞬お付き合いしようかとも思いましたが、4時までに家に帰らないといけないのでそのままお別れ、来週はお互いにがんばりましょう。

今日は、白石峠で大健闘したし、龍勢のコースでも50分切れたし大満足で終了、家に帰って夕飯後の体重測定でも67.8kgと完全にベストの体重に戻っていました。
明日は、同じく来週龍勢に参加するろっきーさんと、また龍勢に行く予定。
明日は少しタイムは落ちるだろうな〜

2009.11.04 Wednesday

ちょっと太った

もてぎを走るなら、体重軽くするより体力と思い、かなりの量を先週食べ続けたのでもてぎのレース前には70kgまで体重を増やしていました。
2週間後はヒルクライムなのでベストの68kg以下で望みたいですが、もてぎが終わって3日経過の今日現在で69.1kg。
今週末までに68kg以下になるように体重調整します。

それにしても、昨日に続き今日も寒かったです、去年これより寒い中をジテツウしていたかな?と思うくらい。
徐々に寒くなっていくならそれなりに対応して行くんでしょうけど、今日はきつかったです。
小径車は、まだ車から降ろして組み立てていなかったので、700CのBianchiで自転車通勤、今日は足もよく回ったし、疲れも何とか回復したという感じ、風邪やインフルエンザに気をつけて15日の龍勢に向けて調整して行きます。

2009.11.03 Tuesday

疲れがでた

今日はBianchiで、龍勢のコースを走ろうと思っていましたが、白石峠までの道のりであまりに足が回らないので急遽サボることに。
白石峠をアウターのみでダンシング100%で上ってみる、タイムは29分ほど、そのまま下って今度は普通に登りましたが、やはり29分ほどでした。
今日の峠はやたら寒かったです、上っている最中に道端に雪を発見。

拡大できます。


どうやら夕べ初雪が降ったようです。
白石から、定峰峠に下って、白石車庫からタイムトライアルしましたが、やはり足がまったく回らず小径車より遅いタイム。
さっさと家に帰って寝てしまいました。
また、明日からガンバろっと。

2009.11.02 Monday

もてぎエンデューロに参加してきました。

昨日、初めてのエンデューロレースに参加してきました。
夜中の1時に嫁さんと、息子を連れて出発、4時少し過ぎたころ迷いながらもツインリンクに到着。

4時30分の開門で、すでにかなりの車が並んでいる、近い駐車場がいいなと思っていましたが、何とか一番近い駐車上に車をすべりこませ、自転車を組み立てていると、私の隣に止まった車はなんと、以前ヤビツ峠に一緒に上っていただいた、さいとこさん。
偶然とは恐ろしいものです、ちょっとお話した後、ピットは離れているので、それぞれ準備して試走を待つ、私は少し仮眠をしようと努力はしましたが興奮状態で眠れず、入念なストレッチをして試走の7:00を待ちます。
7時になると真っ先に?飛び出してゆっくりと心拍をあげて行きます、2週ほどと思っていましたが、結局3周20km以上走ってアップの終了。
その後、おにぎり食べたりトイレに行ったりして過ごし、選手の呼び出しを待つ、呼び出しがあると同時にコースに向かうが、ピットが近かったのもあって先頭に並んじゃいました。
最初の一周はペースも制限されているのでそんなに邪魔にはならないだろうとそのまま最前列へ。
そして8:33分運命のスタート、目標は4時間で20周を目指す。

スタート後はポジションを後ろに下げながらペースを探る、大井埠頭の700Cでの練習ではAve36km位でしたのでそれを目標にしていましたが1週目から35km以上でした、2周目に突入するが、ペースをかなりあげてしまい3周目に入ると意識もうろう状態、ライン取りも怪しいのでとにかく落ち着く事を心がける。

一時間経過で予定の通りゼリーで補給、この頃落ち着いて来てようやくピット前で息子が現在の順位などをサインで知らせてくれているのを見ることが出来るようになるがAve40km位のハイペース、後3時間なんて持つはずがないと思いながらもペースを落とせない、ロードの後ろについてちょっと楽をすると前に出たくなってしまい足を使う・・・頭ではこのまま後ろについて行こうと思ってはいるがついスピードアップ、その後たれるを繰り返してる。

ピットからのサインでは近くにいる小径の人と3位争いをしているみたい、何度も抜くが、何度も抜かれている、1時間半ほどで2個目のゼリーに手をつける、この頃から背筋が痛み出すが無視して走る、ややペースは落ちてきたがまだいけそう3位争いをしている人にかなり先行されたりするが追いついて抜かしたりも出来た、相手も疲れているんだろうと勝手な予測で、こちらも頑張って先行してみるが、一旦は離すもののまた付かれて抜かされる、2時間半を超えた所で3個目のゼリーを補給するが体が受け付けず戻しそうになるが踏ん張って飲み込む、かなり疲れていて集中力がなくなって来ている、あちこちで落車したりするのを見て意識を引き戻す、3時間経過の少し前、坂をダンシングで上っている時に前の人に追突、危うく落車しそうになりながらも何とかこらえて復帰、相手が斜行してきたのか、自分がふらついたのかわからない、それくらい疲れていたので多分私がふらついたのでしょうと思い、相手の方はバランスを崩すこともなく走っていたので、抜き際に謝罪して再び3位争いをしている人を追随、その後2周位は前に出たり抜き返されたりしていたが3時間を超えてついに足が悲鳴を上げる。

まずは右の股関節あたりに異変を感じる、車上でストレッチしながら様子を見ていると、今度は左のふくらはぎにも異変、ここまでかと思い痙攣を起こすのだけは持ちこたえるようにペースダウン、もう3位の人は追えない。
なんかリアのホイールから異音が聞こえる様な気がする、周りに走っている人は多いのでその人達だろうと思うが気になって仕方ない、そのうちリアタイヤがスローパンクしている様な気がして何度もタイヤを見るが以上はない。
なんか気分的にリタイアしたくなっていたのかも知れない。

そのまま2周ほどするがピットの前を通過した時に3時間27分経過している、今まで1周を11分弱のペース、3周を33分以下で走ればあと4周はいける、そう思いムチを入れるがちょうどいい車列もなくペースが上がらず、再びピット前で38分、でも何とか11分で走れてる、さらに一周してのピット前では50分・・残り10分では1周回るのは絶対に無理。
所がいいペースで走るロードの人を発見、登り坂で追いつき向かい風の強い所を引いてもらう、コースの半分位引いてもらってから前に出てもう一周走りたいですねと声をかけると「もう一周!!!」と言われてしまいました、時間に間に合わせる為じゃなくラストスパートしていたんだ・・・と気づく。

その後半周を頑張ってペースアップしましたがGOALライン通過が4時間1分9秒で22周回った所でレース終了。
この結果は、去年でしたら優勝でしたが、今年は皆さんがんばっているらしくトップと1LAP遅れの4位でした。
小径車トップのチームのAveは41km以上、私は公式発表でAve39.4kmでした。

苦手と思っていた平地、4時間のAveとしては予想をはるかに上回る数字でした。
ヒルクライム以外のレースは初挑戦で入賞出来たのはかなり嬉しいです、しかも家族の観戦もあったし本当に頑張ったかいがありました。

今日は持病の膝が傷むのと、軽い筋肉痛なので車で通勤、明日は様子を見て龍勢のヒルクライムコースを走る予定。

2週間後の龍勢ヒルクライム、700Cのデビュー戦を頑張ります。



2009.10.10 Saturday

龍勢ヒルクライムコース 目指せ50分切り

朝の7時30分に家を出て、一路白石峠へ、峠の入り口で雨が降り始めましたが、湿度が高いのと気温が低いのはタイムアタックには好都合。
後の事は考えずに思い切りアタック、なかなかいいペースで登れていたので、これは念願の25分台?と期待するも26分16秒。
それでも700Cのベストタイムの更新ですので、早速猛レースに登録。

先週小径車(zippon)で出したタイムより1分30秒ほど早いので(700Cはピラータで登録)、この勢いなら龍勢も50分切れるか?

10時に龍勢会館の駐車場にRさんと待ち合わせ、合流した後に二人でゆっくりと休んでからタイムアタック開始。
前半は好調に飛ばし、7km地点の鳥居から心拍は限界まで上がる、途中手を抜いたりしながら進むが残り3km位から台風の傷跡が・・・・かなりの量の落ち葉と木の枝に、滑ってコケルのとパンクの心配をしながらも頑張る、途中ではもしかしたら50分切れるかも??と思うが、結果は厳しいもので5秒遅れの50分5秒・・・
惜しかったですが頂上はそれなりの天気で景色がいい
クリックで拡大します。

寒かったので、汗をぜんぶ乾かす位ゆっくりと休み下山、秩父市に向かう途中に物凄く強い雨に降られるも、近くのスーパーに避難して、雨が過ぎるのを待つ、真上にある雲のみで他は晴れているのですぐに止む、再び走り初めて虹発見。
クリックで拡大します。
Rさんとは秩父ー名栗まで御一緒して、Rさんは青梅方面へ、私は飯能方面へ別れ帰路へ。
なんか二つの峠でタイム更新して充実した一日でした。

▲top